スポンサーサイト

--/--/-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

 

知らない間に、変わってた。

2008/02/09 (土)  メロとか。

メロ登録の際、一番最初に出る画面が、
絵本仕立てになってましたよ。
ブログペット化なのか(笑)

余りに、どのメロもアイテムいっぱいになっちゃったので、
倉庫代わりに作ろうと思ってたら、
こんなオチ。
しかも、売りに出したら速攻、
誰かに買われて、且つ転売されてんだけど、
どういうことだ、コラ(苦)

どうも倉庫の役目、成し得なそうだけど、
あんなOP見ちゃったら、じゃ、ばいばいー、とか
出来ない…。
や、見て無くても出来ないんだけどな(…)

こんなに増えて、どうするんだ私(遠く)
 
アイテムくっつけて、メッセージ送れるような、
機能が欲しいですよメロパさん。
知らない誰かに転売させたくて、売ってんじゃないやい!(あ)
 

mero_20080209172106.png


てか、この絵本仕立てのオープニング、
実は普通にきゅんとしたのは、私だけですか。
…間違ってる?(…)

mero2_20080209172115.png


簡単に説明すると、ピースでハッピーだったと空の上の国では、
毎日豆からメロが生まれてたわけです。
でも、段々と生まれてくるメロの数が少なくなって、
メロをとても可愛がってた王様は、
ピースでハッピーな気持ちが、薄くなってきてることに、
気付くのですよ。

そこで、最後の豆を、アドアドおじさん(実は執事)に預けて、
この世界の何処かには、まだピース(略)な気持ちを、
忘れずに持つ人、場所がある筈だから。
どうか、メロ達が幸せに暮らせるようにしておくれ、と王様。

アドアドおじさんは、めっちゃ頑張ります。
超頑張ります。
何か、地底人の末裔だったのか、そんなおじさんは、
がむしゃらに掘って掘って、幸せがあるだろう地を目指します。

そんなある日。

ぽこんと、掘っていた筈の場所がなくなって、
空の上とは違う、何処か別の場所に出るわけで。

取り敢えず、其処に豆を埋めてみるおじさん。
(育った豆から、メロが誕生するらしい)

mero3_20080209172122.png


そして、奇跡は起きました。
どんどんと、元気に強く育つ豆。
たくさん生まれてくるメロ達。

mero4_20080209172128.png


でも流石に、一人じゃ育てられません。
其処に、優しそうな人が通り掛ります。
実は、人見知りだったおじさんは、それでも勇気を振り絞って声を掛けました。

「このメロの里親になってくれんかのう」




って話だったようで。
…御免。私、こういうの嫌いじゃない(あぁそう)
 

コメント(0) | ↑ページトップ

 

この記事へのコメント

↑ページトップ

 

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。