スポンサーサイト

--/--/-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

 

10th Anniversary in 東京ドーム

2007/07/22 (日)  音楽とか。

ちゃんと、現実に二人が出てきてほっとしたのは、
私だけか(…)
歌もちゃんと聴けました。
二人の軌跡的なVTRを見てみたり。
(CM編、ドラマ編、Live編なカテゴリ分け)
二人の部屋に遊びに行って、
たまたまあったビデオを見て、
「あぁ、此れ懐かしいねぇ」
「うわー、こんなんあかんわ、もうええて!!」
みたいな感じのだらだら感が素敵(笑)
画面が切り替わって、昔の自分達が出る度に、
ファンに対してじゃなくて、つよと王子が、
あの時はこうだった、ああだったと、ぼそぼそ喋るのが、
とても良かった。
何、ここはドームじゃなくて、部屋ですか(笑)
確かに王子の言う通り、贅沢な使い方してますね、ドームを。

10周年おめでとうVTRもありまして。
山○達郎さん
吉○拓郎さん
森○子さんの3名様。

山下さんの話し方が、何か意外に早口で、
妙に感心した(何故)

ドーム内は、もの凄くシンプルにステージがあるだけで、
空いたところは全て、ファンで埋め尽くされてました。
二人をファンが囲んでる感じ。

何か凄いな、グッズ買う為に延々並び、
しかも買えなくて、凹むやら、人の多さにキィ!ってなるやら、
水分取らなさ過ぎた所為で、くらくらふらふらしてるやらで、
しょんぼりしてたものの。
席に座ったら、そんなん薄れていきましたよ。
や、席自体は、とても遠かったんだけどな(…)
ちっちゃいちっちゃい、二人しか見れなかったんだけどな…。
視力の低下が、こんな所で私に痛い目をみさせるオチもあったりな。

ちなみにグッズ。
4時間強並んで、買えませんでした。
公演終了後、猛ダッシュしてかろうじて、
つよの団扇と、二人のソロ写真は買えたけど、
パンフとかライトとか、その他諸々全滅。
体力は、ビリーのお陰がついてたみたいで、
ドーム半周走ったりとか(最後尾に中々辿り着けなかった)
延々立ちっぱなしとかは平気だったんだけども、
如何せん、家を出てから一切水分を取ってなかったのが、
敗因理由。



走るじゃないですか、もの凄い汗をかくわけですよ。
メイクが全く意味を成さなくなる程に。
髪先からぽたりと汗が落ちる程に(…)
でも、その分の水分全く補給してなかったから途中で、
気持ち悪く(…)
あと、何かギリギリ感が凄い増してきて、こう…切迫する感じの。
耐え切れず、創(え)に弱音メールを送ったら、
創のお友達さんに甘えることに。

ホントに本当に申し訳ない。
そして、心底有難う。

結果的には、何処もかしこも並び捲ってるのは変わらなくて、
自力で頑張る事しか出来なかったんだけども。
優しさが身に染みました。
気持ちが少し楽になった分、頑張れた(笑)

ドーム内に入って、一気に飲み干した紅茶は、
とても美味しかったよ…。
それでも足りなくて、デカ烏龍買ったよ…。
水分て大事。(…←この所為か、家帰ったら1キロ痩せてた(…))

で、そんな水分必死に摂取したのに、
二人が歌う、硝子と雨で号泣ですよ。
だだ漏れですよ、水分。
デビュー当時、まさか自分がこの2曲で泣くことになるなんて
思ってなかったよ。
ただ、何かあの場所で聞いてたら、もの凄い込み上げてきちゃって、
我慢出来ずに、泣いてました。
拭っても拭っても、止まらないし。
なのに、二人のMCゆるいこと極まりないし!(笑)

そんなゆるさとは裏腹に、歌声は素晴らしかったです。
王子がちょい、歌詞飛んだりしてたけども(笑)
問答無用に引き込まれる。
ファンで良かったなぁ、ってもの凄い思った。

最後には、つよが不意に王子の傍へ寄っていき。
王子の腕をちょいっと引いて、腰を抱くようにふんわりハグ。
照れたように笑いながら、王子もハグハグ。

最高だ貴方達は!(笑)
 

コメント(0) | ↑ページトップ

 

この記事へのコメント

↑ページトップ

 

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。