スポンサーサイト

--/--/-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

 

キャシャーン。

2006/02/12 (日)  ゲームとか映画とか。

日曜洋画劇場にて。

色々レビューを見ていると、結構マイナス評が
多かったんで、余り期待はしていなかったんですが。
全体的に、映像は好きでした。
ルナの家の様式とか、真紅の壁とか(何処)
麻生さんの服装は、とっても好きでした。

ストーリー的には、前半は面白くて何で此れが、
マイナス評?って思ったんだけども。
後半は、結構メッセージ性強過ぎたかなぁと、
思ったりもしまして。
もっと単純に、エンターテインメント系で
推していったら、良かったんじゃ?っていや、
あくまで私の意見なんだけどな。

まぁ、でも。
何だかんだ言っても、面白かった気がします(何だ)
ちょこちょこ、ゲストも見つけたりで、
あれキャスティング、めっちゃ豪華だよなぁ(笑)
最後の最後、キャスト其々の何だろう、…今とは違う姿?
ってか、生きてた時の姿?…平和な世界での姿とか?(何)
何か其れが全部、胸にキちまいまして。
要さんが、実は誰だったんだ、とか…、
宮迫さんが、公園のベンチでハンドパイプ(だっけ?)を
弾いてるとことか。
とか、って言うか宮迫さんのところが、一番切なかった。
…泣ける。あそこだけで私泣ける(のか)

多少、「いや、説明してくれよ」ってところは
あるんだけども。でもそこは、脳内補完しろってことなんだろうな、
と思いつつ。
てか、分かってないの私だけかもってオチかもしれないしな!(うん)

ちなみに見るまで、「デビルマン」とストーリー勘違いしてました(…)
違うじゃんっ、言ってくれよ!(煩)

来週月曜お休みなので、あれ観に行きますよ。
社長観に行きますよ!
平日、初回なら流石に座れるだろうと。
恋する神父の二の舞はもう、嫌です(…)

コメント(0) | ↑ページトップ

 

この記事へのコメント

↑ページトップ

 

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。